羽毛ふとんのお手入法

ご利用中 カバーをかけて使いましょう!
カバーを使うことで、ふとんの傷みや汗による汚れを防ぎます。
カバーをこまめに洗濯することは衛生上も大切なことです。

干し方 おふとんにも日光浴を
羽毛ふとんは吸湿性、発散性を備えています。綿わたふとんのように頻繁に干す必要はありません。
干すことは湿気を除くことと殺菌効果があります。
風通しのよい陰干しが最適です。直射日光の下であればカバーをかけたまま干して下さい。側地の傷みや色あせを防ぎます。
ふとん乾燥機も効果的です。あまり高温にならないように注意してください。
ふとんを取り込む時は力いっぱいたたくことはやめましょう。ふとんの側地と羽毛を傷めます。 吹き出しの原因にもなります。軽くはたく程度でお願いします。外気のホコリが気になる方は掃除機が効果的です。

洗い方
「丸洗い羽毛ふとん」はご家庭での洗濯が前提です。
ご家庭での洗濯方法をご確認下さい。
その他の羽毛ふとんはご家庭での丸洗いはお避け下さい。
クリーニングの場合は、ふとんの丸洗い業者、又はクリーニング店へご相談下さい。気持ちよくご利用いただくためには年1回程度を目安とされるとよいでしょう。

収納と保管 通気性のよいところが一番です。
しばらくご利用にならない場合は、収納前に日に干して十分に湿気を取ってください。
防虫剤を入れ、通気性のあるもので保管して下さい。適している収納ケースがない場合は、大き目の布地(ご利用にならないカバー等)もいいようです。
ふとん圧縮袋は羽毛ふとんの場合はあまりおすすめできません。
アレルギー症で寝室や寝具のことを気にされている方は「アレルギーとふとんの話」も参考にして下さい。
⇒前のページに戻る