安心と個性を大切にした寝装品を提案する専門サイト

   トップページへ
応援グッズリメイク
■サポーター・ファンの
_____マイフトン作り
■リメイクの流れ
■リメイク Q&A
■お送り頂く素材の目安
■お受けできない場合
■素材送付時の注意
■リメイク依頼票・料金表
■専用掛カバー
■応援グッズリメイク
_____トップページへ
おふとん情報
■防ダニ・抗菌・防臭機能
■メディカルフレッシュ構造
■日頃のお手入法
■ご家庭での洗濯方法
■洗濯機容量目安
■羽毛の基礎講座
■羽毛ふとんトラブル相談
■アレルギーとふとんの話
■海外から見たふとん
■睡眠の科学
■誇りにすべき日本文化
インフォメーション
■店舗からのメッセージ
■ご提供の基本スタンス
■新着&プレゼント情報
■メールマガジン
■ミニ情報・みんなの広場
■商品一覧
■販売店様募集
ヘルプデスク
■ご注文方法
■送料・お支払い方法
■返品について
■見積もり依頼
■佐川急便お荷物検索
お問い合せ
■お問い合せ
■会社概要
■特定商取引法表記
■プライバシーポリシー
■お気に入りに追加
■こだわり安眠工場
こだわり安眠クリニックトップページへトップページへ
ART MACトップページへ
〒836-0054
福岡県大牟田市天領町2-69
TEL 0944−59−8180
FAX 0944−56−2771
URL https://artmac.co.jp
E-MAIL futon@artmac.co.jp
All rights reserved.
Copyright ARTMAC Co.,Ltd

お送りいただく素材の目安 お申込み依頼票・料金表ページよりどうぞ
応援グッズリメイクでご利用になるグッズの種類や素材も色々なものが考えられます。
チームフラッグ・応援のぼり・ジャンボタオル・ブランケット・タペストリー・のれん・ハッピ・ナショナルフラッグ・クラブフラッグ・コマーシャルフラッグ・宣伝のぼり・コマーシャルカーテンなど…お手持ちの生地幅や長さ(量)も色々だと思います。

生地を広げ、並べられて、下記のA〜Eのパターンに合うだけの生地量があるかどうかご確認下さい。

幅や長さが不足の場合は同質のものを2枚・3枚と合せて作ることもできます。ただ、小さいもの(ハンカチ・タオル・ミニブランケット・ミニフラッグ等)をパッチワーク風にすることはできません。

仕立スタイルの基本は、A.全面柄タイプです。
仕立スタイルを優先して考えられる方は、素材を送られる際、希望のスタイルの指示書(例えば、B 衿付きタイプで!)を入れておいて下さい。

特別に仕立スタイルの指示がない場合は、A全面柄タイプとなります。
ただ、このスタイルに素材が不足する場合は、B衿付きタイプ で検討します。それでも不足の場合は、C衿付+フキ付タイプというように順次検討していきます。(Aタイプ→B→C→D→E)
仕立スタイルの違いによる価格差はありません。
素材を送られる時、目安サイズより多少大きい場合でも、そのままお送り下さい。柄ものであれば、特に長めの方が柄合わせ、全体のバランスもとりやすくなります。
最終の、おふとんの仕上げは、 ミシンによるキルティングです。
図面のカラー部分が提供素材の使用部分を示します。
A.全面柄タイプ
大人用(150cm×210cm)の場合
横幅170cm×長さ230cm以上
ジュニア用(140cm×190cm)の場合
横幅160cm×長さ210cm以上

B.衿付タイプ
大人用(150cm×210cm)の場合
横幅170cm×長さ200cm以上
ジュニア用(140cm×190cm)の場合
横幅160cm×長さ180cm以上

C.衿付+フキ付タイプ
大人用(150cm×210cm)の場合
横幅130cm×長さ200cm以上
ジュニア用(140cm×190cm)の場合
横幅110cm×長さ180cm以上

D.額ぶち付タイプ
大人用(150cm×210cm)の場合
横幅130cm×長さ190cm以上
ジュニア用(140cm×190cm)の場合
横幅110cm×長さ170cm以上

E.衿付+額ぶち付タイプ
大人用(150cm×210cm)の場合
横幅130cm×長さ180cm以上
ジュニア用(140cm×190cm)の場合
横幅110cm×長さ160cm以上

応援グッズリメイクお申込みリメイク依頼票ページよりどうぞ。
上記以外のサイズの場合は、お問い合せまたは見積もり依頼より、
お気軽にご相談ください。
お送りいただく素材の目安が分からない場合は、お手持ちの素材の横幅・長さ・枚数・ご希望サイズ(大人用又はジュニア用)をあらかじめご確認の上、お問い合せ下さい。
ご提供の素材の品質によって、「ご希望の指示スタイル」から仕立スタイルを変更する場合があります。その際は「安眠クリニック」へのお任せとなります。プロとしての最良の方法で考えます。ご了承下さい。
⇒もとのページに戻る