お客様より喜びの声を頂きました。
大変なはげみになります。

皆さまより、いろいろな思い、
その時々のエピソードをお聞きしながら、
一枚一枚をお手伝いできることを誇りに思います。
新しい語らいの場が広がることは楽しみです。



熊本市    福岡市        .


福岡市に嫁いだ娘から、赤ちゃんができるとの知らせを受けました。

嫁いだ娘の赤ちゃんの時のお宮参り着が、そのままタンスに入ってるのを思い出し、生まれてくる赤ちゃんの『絹ふとん』にリフォームしてもらいました。

日本伝統のデザインの図柄は、健やかに、健康に育ってくれそうで、生まれてくる孫を楽しみにしております。

娘も、自分のお宮参り着ということで、大変喜んでくれております。

<手作り工房よりのコメント>

『絹ふとん』は、赤ちゃんの身体にもよくフィットするものです。

シルク繊維はアミノ酸をたくさん含んでおり、皮膚の弱い赤ちゃんにも最適ですね。赤ちゃんから小学生まで使えるように、130×180サイズ、1.2kg入で仕上げました。








福岡県   大阪府
故郷に帰省のおり、私の子供のころの七五三の写真を見て、両親と懐かしく語りあいました。

この時の着物は、今もしまってあるということで、多少シミがついていましたが、『絹ふとん』にしました。

両親の想い、私の思い出のたくさん詰まったもので、この『絹ふとん』は、私の子供たちにも大変人気のある布団になり、ひっぱりだこです。

<手作り工房よりのコメント>

七五三のときのお着物は、大人サイズ、子供サイズとご利用できます。
アレルギー体質、ぜんそくのあるお子さまの場合には、適したふとんになります。







長崎県福江市   東京都
今は着ることもなくなった羽織。嫁いでいった娘のために、『絹ふとん』にリフォームしてもらいました。

総絞りのものでしたが、絹のふとんに仕上がると、大変モダンな感覚のものとなり、娘からは、お母さんの思い出のものを毎日使えると大変喜ばれています。

<手作り工房よりのコメント>

羽織は一般に着なくなったようです。シングルサイズの絹ふとんにぴったり仕上がりました。








福岡市    鹿児島市

習いごとをしていた若い頃、両親から買ってもらった着物がタンスの中でそのままになっていました。私の子供も成長しましたが、着ることがなさそうなので大切なものをと多少不安がありましたが、『絹ふとん』にリメイクし、故郷の母にプレゼントしました。母もこの着物のことは覚えていて、「20年前の当時を思い出しながら、使わしてもらっている」と喜ばれました。これも親孝行になったのかなぁ。

<手作り工房よりのコメント>

ご両親の時代の『絹ふとん』といえば大変高価なものでした。何よりの親孝行になりましたね。私たちも心を込めて作りました。お年を召した方へのふとんとしても、ぴったりのものだと思います。







本人 本人

福岡県



タンスの中を整理していたら、35年前、20歳のころに両親から買ってもらった訪問着が多少ヤケが目立つ程度で、そのままタンスの中から出てきました。

両親とも他界していますが、思い切って『絹ふとん』にリフォームをしてもらいました。若いころの思い出、両親の想いにくるまれて、大変満足しています。

<手作り工房よりのコメント>

35年前のお着物で、ヤケがありましたが、そのまま、絹ふとんに仕立てたら、あまり気にならないように仕上がりました。それより、思い出にくるまれて眠れるということは健康でぜいたくなことですね。




アートマック株式会社
〒836-0054
福岡県大牟田市天領町2-69

TEL 0944−59−8180
FAX 0944−56−2771

E-MAIL futon@artmac.co.jp