玉繭(たままゆ)

真綿のもとになる繭は玉繭というものを多く用います。普通のまゆはおカイコさん(幼虫)が1匹で1粒の繭を作ります。玉繭は、2匹で同時に糸を作るため、2本の糸が絡まりながら節のある糸になり、絹織物では、特殊織や紬に使う場合があります。

この絡まりと節のあることは、手引き真綿にとっては大変貴重なものになります。



 毛羽わた(けばわた)

おカイコさんが糸を出し、約1500m〜2000m程の長さの繭を作りますが、繭の外側はモジャモジャとした遊び毛の状態になります。これを1粒ずつ取りのぞくと、わた状態になるのです。

戦前戦後、今の合繊わた、羊毛等がない時代には、この毛羽わたがふとんわたとしての役割を持っていました。



 袋真綿

中国での真綿つくりの場合は、半円形の竹ひごにかぶせながら作るので、袋状態の真綿としてできあがります。 日本の場合、30cm四角の木ワクにかけて作りますので、角真綿といいます。養蚕が盛んな頃は、日本でも農家などで袋状態の真綿が手軽に利用されていましたが、繭そのものの衰退により、今日では一部の地域で続けられるだけになっています。


 

真綿よりつむぎ糸を作る場合もあります。指先で絹繊維を引き出して、細かい糸に伸ばして紡いでいきます。





アートマック株式会社
〒836-0054
福岡県大牟田市天領町2-69

TEL 0944−59−8180
FAX 0944−56−2771

E-MAIL futon@artmac.co.jp